星空綺想 ~ Harmony Return

待っててね、夜空にキラリ

トップページ

管理人のイワンです。
こちらはトップページです。この記事の1つ下が最新の記事です。

改めて、当ブログにお越し頂きありがとうございます。
こちらでは主にデュエルマスターズをメインにTCGの事やゲームの近況、遠征などの告知、単純に日々の事などを書いていこうと思っています。


相互リンク募集中です。
してもいいよーって方はこの記事にコメントかTwitter(@rinRiN_iwan)などで直接お願いします。
その他ブロ友やコメントも気軽にどうぞ。



   ↓追記から募集カードリスト 2018/07/16 更新
続きを読む
スポンサーサイト



お知らせ | コメント:0 | トラックバック:1 |

【遊戯王】ワンデッキデュエル

よくデュエルマスターズでワンデッキデュエルと言う名のタワーデュエルをしているわけですが、今回は遊戯王。

現代遊戯王は1ターンで宇宙的展開が可能な宇宙TCGと化しているわけですが、1ターン1ターンお互いにモンスターで順当に殴り合う“古き良き遊戯王”が出来るのがこのワンデッキデュエルの魅力であり、かつて遊戯王をやっていた人はもちろん、複雑なことはないに等しいので少しでもルールを知っている人なら雑に誘えるのがいいところです。

追記からルールとリスト解説です。


   ↓
続きを読む
[TCG]考察/デッキレシピ | コメント:0 | トラックバック:0 |

新レギュレーション【オリジナル】

クリエイターズ・レター Vol.39

すばらしい。

皆さんはもう読みましたか?
自分としてはもう「すばらしい」とその一言です。

現代デュエルマスターズと言うのは超天編で超GRゾーンが新たに追加され、デッキ構築の幅が広がると共に凄まじいインフレを起こしメタゲームに大きな影響を与えました。
自分もこのブログの過去の記事を読んでいただければ分かるかとは思うのですが、超天編の序盤は超GRを使って現代デュエルマスターズを楽しんでいたのですが…超天編が進むにつれて強化されていく超GRに環境は覆われていくことになります。賛否両論あるとは思いますが自分にとって超天編終盤の殿堂レギュレーションは面白くありませんでした。単刀直入に言うと超GRに嫌気が差していたんですよね。

そして時は2020年、コロナウイルスの影響でCSも公認大会も自粛、全一戦も延期となったデュエルマスターズですが、リモートに力を入れる動きが公式からありました。その文章の中に自分の目が引かれたものがありました。

*リモートデュエマカップで使用できるカードは通常デッキに含まれるカードのみとします。超次元ゾーン、GRゾーン、《禁断 ~封印されしX~》、《FORBIDDEN STAR~世界最後の日~》、《滅亡の起源 零無》は、リモートデュエマカップでは使用頂けません。

クリエイターズ・レター Vol.36より抜粋


???「え、すごい。こういうレギュレーションあったら喜んでやるんだけどな」



……………



…………



………



……







クリエイターズ・レター Vol.39

すばらしい。

皆さんはもう読みましたか?
超次元ゾーンも超GRも禁断もドルマゲドンも零龍も用意しなくていい、メインデッキ40枚だけの新レギュレーション【オリジナル】が始まるみたいですよ!
ゲーム前にごちゃごちゃ用意しなくていいし手間が少ないのは多少なりとも助かる部分はありますよね。

前回の記事にも書いた通り35弾環境にハマっているわけですが、ちょっと進むと覚醒編に突入しデッキによっては超次元ゾーンを用意する必要が出てきます。
この用意する手間、人によっては問題ないかもしれませんが人によっては入手の過程からすでに手間だったり一定の敷居がやはりあると思います。
対戦に際して用意するものはメインデッキ40枚。こんな分かりやすく奥深いものもなかなかないと思うんですよね。
新レギュレーション【オリジナル】、楽しみです。
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

35弾環境【ゲートボール】

こんにちは、イワンです。
コロナの影響でCSも少なくなり、カードショップに遊びに行くってことも少なくなった昨今ですが、これを読んでる皆さんはデュエルマスターズ楽しめていますか?

最近の自分のトレンドはゲートボールとタワーデュエルの2つ。
タワーデュエルに関しては後日記事を書くとして今回はゲートボールに関して触れていこうと思います。

ゲートボールってなんぞやって人のために一応書いておきますが、朝におじいさんおばあさんたちがやっておられるアレではなく、所謂【レギュレーションあの頃】というものです。
「あの頃って良かったよな…」と現代を生きるカードゲーム老人たちが昔を振り返り当時のデッキで遊ぶことをそう例えている、と自分は認識しています。

そんな自分が設定してる【あの頃】は、2009年12月19日にDM-34の発売と同時に施工された殿堂レギュレーションを想定しています。
その時の殿堂発表の内容としては
殿堂
《聖鎧亜キング・アルカディアス》
《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》
《インフェルノ・サイン》

プレミアム殿堂
《呪紋の化身》
《ソウル・アドバンテージ》
《インフェルノ・ゲート》
というものでした。
ここに設定した意図としては先撃ちゲーと言われていた《ソウル・アドバンテージ》のプレミアム殿堂が1番大きく、後は思い出補正で《聖鎧亜キング・アルカディアス》が使いたいとか、《パラダイス・アロマ》の殿堂前ということでフルパワーの青単速攻が使える環境であるから、と言ったところです。
つまり時系列としては2009年12月19日~2010年5月14日の35弾環境、ということになります(DM-35は2010年3月20日、その後DM-36は6月26日)。
参考:デネブログ 【デュエマ 殿堂】殿堂入りカード一覧

この頃のメタゲームはフルパワーの《エンペラー・キリコ》や《邪神M・ロマノフ》辺りが環境を動かしてはいましたが、メタゲーム上には数十種類の多彩なデッキが存在し、並のファンデッキでもデュエルロードレベル(当時CS少なかったけど…)であれば全然勝てた時代で、デュエルマスターズの歴史の中でも1番様々なデッキが作られ活躍していた時代だったと自分は記憶しています。

2010年となるとちょうど10年前になるわけですが、当時は中学生だった自分とカードショップで仲良くしてくれた人たちのおかげで今もこうしてデュエルマスターズをしてるんだろうな、と思うくらいには当時の環境(周りの人的にもメタゲーム的にも)に思い入れがあります。
ちなみに10年前の8月とかに関しては覚醒編に突入し、メビウスチャクラが猛威を振るっておりカードパワーも跳ね上がって阿鼻叫喚としているところですね…w

とまあそんな感じで35弾環境を遊んでいます。
この記事では追記に自分がリアルで作ったリストの写真を随時追加していこうと考えています。
当時のレアリティ、バージョンで作っていくので懐かしさにも浸れると思いますw



   ↓随時リスト更新(最終更新:2020/09/17)
続きを読む
[TCG]考察/デッキレシピ | コメント:0 | トラックバック:0 |

【DM昔話】マナ光臨

☢以前ちょっと話題になったネタです☢


昔々あるところに………
続きを読む
[TCG]考察/デッキレシピ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>